国内種菌メーカーでつくる全国食用きのこ種菌協会によると、輸入菌床の価格は国産菌床の半額ほど

2019-09-14 admin

所以即使不考虑12月份的进口量。

我对日香菇菌棒出口企业应及早做好准备, 菇类中特别是香菇。

さらに 同協会などは2017年、国産菌床で生産したシイタケであることを 消費者にPRするため、登録商標「どんぐりマーク」を作成した,香菇菌棒(菌床)进口量创历史新高,对于日方可能采取的限制性措施, 菌床きのこ類の中でも特にシイタケは、国産菌床にこだわる生産者が多い,注册了【橡子标志】(donguri mark),12月分の結果が出るのを待たずに、これまでの最高だった17年実績(1万5649トン)を上回った,輸入先は99%以上が中国だ,菌棒中含有超过75%的日本阔叶树木屑材料的,このため関東地方を中心に海外資本の業者が工場を建て、輸入菌床を使ったシイタケ生産に乗り出すケースが増えているという,18年の菌床シイタケ生産量が17年産並み(約6万3000トン)だったとしても、全体の1割を輸入菌床から発生したものが占める格好だ,所以在关东地区已经开始有海外资本在该地区建厂生产香菇。

日本国内各香菇产地危机感大增,国内種菌メーカーでつくる全国食用きのこ種菌協会によると、輸入菌床の価格は国産菌床の半額ほど。

日文原文: 2018年のシイタケの植菌済み菌床の輸入量が過去最高となった,このため同協会は、販売するシイタケに菌床製造国を表示するなどの制度見直しを求め、消費者庁などと協議を進める,所以可以计算出2018年使用进口菌棒生产的香菇数量是约6700吨, ,进口菌棒价格是国产菌棒价格的一半, 菌床重量の3分の1がシイタケとして発生するといわれる, 現行の産地表示では、輸入菌床を使って国内で培養、発生させたシイタケは国産として販売できる,很多产地都选择使用国产菌棒。

占据总产量的10%, 根据1月13日《日本农业新闻》报道。

12月分が前年並みなら年間2万トンの大台を超えることになる,所以此举给日本国内业界造成很大威胁,【核心提示】:2018年1-11月份进口量18650吨,17年是15649吨, シイタケ菌床の輸入量が前年を上回るのは11年連続。

已经是过去最高,现行的商品标识制度允许用进口菌棒所长出的香菇按照国产香菇贩卖,该协会在2017年为了向消费者宣传国产菌棒香菇,使用进口廉价菌棒生产的香菇给国内生产者造成巨大威胁,。

財務省の貿易統計によると、1~11月の輸入量は1万8650トン,已经是过去最高,菌棒重量的三分之一可以转化成香菇,17年是15649吨,2018年1-11月份进口量18650吨,菌床のおが粉原料の75%以上が国産樹木であれば、育てたシイタケに付けて販売できるというもので、国内生産者に積極的な利用を促している,并积极将此标志向日本国内生产者推广,可以使用此标志,同时,価格の安い輸入菌床を使った国産シイタケの増加は、国内生産者にとって大きな脅威となっている,輸入菌床は国産に比べて安く、発生したシイタケは国産として販売できるため、国内産地は危機感を強めている,所以即使不考虑12月份的进口量,因此日本【全国食用菌菌种协会】要求更改现行的产品标示制度,18年産の菌床輸入量が2万トンとして計算すると、そこから発生するシイタケは約6700トン。